名古屋電機工業株式会社:ITS情報装置事業本部

私たちは日本初の遠隔式道路情報板(電光掲示板)をかわきりに、
情報を収集し分析し表示する「システム」を創っています。

収集・分析・提供のトータルシステム

当社は、情報板(電光掲示板)のハードウェアに附随するかたちで、制御する仕組み(ソフトウェア)を開発していましたが、コンピュータの進化とともに、さまざまなセンサーを用いたデータの収集や、そのデータを処理・分析するソフトウェアの重要性が高まり、センサーや表示デバイスなどのハードウェアと、それらを機能させるソフトウェアを融合した「システム」として発展させてまいりました。 現在ではこれらのシステムをさらに複数組み合わせ、情報の複合的な収集・分析・提供という一連の流れを実現するソリューションとして、トータルシステムをご提案しています。

名古屋電機工業の強み

名古屋電機工業の強みは、多数の機器やソフトウェアを組み合わせたシステムについて、お客様のニーズを捉える企画から、システム全体の設計、ソフトウェアの構築、機器・装置の製造・生産、さらには道路への設置工事や設置後の保守まで、それぞれに対応する自社の施設・設備・人員を有し、一貫して対応できることです。 こうした強みを活かすことで高寿命・高品質を実現し、現在運用されているシステムや機器の中には、例えばLED式の道路情報板(道路用電光掲示板)など、四半世紀を超えて稼働しているものもあります。